介護職夜勤のコツ⑭

何故か極端にマイナス思考になる時がありますよね。
何か悪いことが起きるのではないか?
自分は嫌われているのではないか?
自分の能力は通用しないのではないか?
人生、苦難の連続すぎる。自分はやっていけるのか?
上記のようなことが頭の中で堂々巡りになる日が
ありますよね
そのような時の対策です
・心と身体はつながっていますので、まずは休息をとる。
仮眠の時間がなければ、10分でもいいから、目を閉じて休む。
※まずは、身体と目をやすめることで、心も少し回復します。
疲労が蓄積していると考え方もマイナス思考になります。
休息の時間がある方は、タイマーをかけて、まずは睡眠をとった後に
仕事をするのも効果的です。
・本日と明日、しないといけないことを紙に書き出す。そうすると、
明日までの時間に最低限することがわかり、優先順位と後回しにできる
ことがわかり、頭の中が整理されます。
・今からしなければならない仕事で、いくら苦痛の仕事だとしても
何か楽しみをみつける。
私たちの疲労は
仕事そのものによって生じるのではなく、
悩み・挫折・後悔が原因となっていることが多いです。
人間は心をはずませながら何か興味深いことをしているときには
めったに疲れません。子供が延々と遊んでも疲れない原理と一緒ですね。
興味のない仕事であったが、その仕事で給料をもらえていることに
感謝し「楽しみを見つけてやるようにした」という取り組みをすることで
いつもまにかマイナス思考はなくなってます。
その結果、評価もされるようになります
何より疲労が出にくくなります。
最後に一番効果がある方法 3分でできます。
極端にマイナス思考の時は
今まで感謝している歴代の人を30人思い出してみると効果抜群です。
これは、案じるより産むが易しですので実際やってみてください。
自分の思い出の曲、感動する曲を聴きながら思い出すともっと効果的です。
本日もありがとうございました。

介護職夜勤のコツ⑬

この記事を書くようになって、アンテナが広がりました。
夜勤で10年以上勤務している方や、今も問題無く夜勤をされている方に
「何故夜勤が苦ではないのか?」をとことん聞くようになりました。
しつこく聞くなぁと思われていると思います笑
最近、10年以上夜勤をやっている方にこつをお聞きしたところ、
一番大事なのに「10分でもいいから目を閉じて眠る事」
と言われてました。
夜勤中に横になって寝れる会は少ないので、椅子に座ったままか足を延ばして
目を閉じて10分眠ると頭がすっきるするそうです。
夜勤中に介護記録を書こうとして、眠くてミミズみたいな字になってしまう時は
10分でも目をつぶって座ったまま寝ると、また普通に介護記録も書けるようになります。
逆に、10分眠ることも出来ず、ひたすら突っ走るやり方しかできない方は
夜勤を続けるのは厳しいそうです。
どんなに忙しくても利用者さんから目が離せなくても、
10分ならタイマーかけて眠れますね。
人によって横になったほうが良い場合と、椅子に座ってが良い場合が
あると思いますが、いろいろ試してみましょう。
いつもありがとうございます。

介護職夜勤のコツ⑫

新人にイライラする時
例えば
パット交換が遅い
多くのやってしまいがちな行動
→「自分はあなたのせいでイライラしている。改善してほしい」
と考えてしまいます。

そうすると、行動や言動に表れて相手を委縮させ、人間関係が破綻してしまいます。
基本的に相手の言動や考え方を変えるのはとても難しいです
では、どのような対策をとるか
→自分で解決できる問題と組織で解決できる問題があります。まずは問題の分析をする。
→もう一度技術の共有をしたほうがいいのではないか?
→口で言っただけで、実際にやってみせないといけないのではないか?
→書式にした方が理解できるのではないか?
→一度で理解できる内容だったのか?
などを検討してみることです。

一番大事なのは「相手に期待しすぎない、もしくは、相手に期待しない」ことです
自分の教え方、組織の教え方が悪かったから相手が向上していないと考えたほうが
よっぽどストレスがたまりません。
自分のストレスをコントロールするためにも、
まずは相手に期待するのをやめて改善する方法を探すようにしましょう。

本日もありがとうございます。

介護職 夜勤のコツ⑪

緊急の時は誰でも慌ててしまいます。
ただ、その流れにのって自分まで混乱したり慌てたりしては、
ミスを連発してしまいます。
まずは一呼吸おいて冷静になって判断をすることが大事です。
ジョン・レノン「世の中に解決できない問題はない」を信じて
まずは冷静になることです。

冷静になる方法。
・まずは深呼吸をする。
・自分を観察する→「慌てている自分がいる」、
「最悪な状況を想定している自分がいる」、
「どうしてよいかわからない泣きそうな自分がいる」などつぶやいてみて、
まずは自分が平常時とどのように違うかを客観視すると、冷静になれます。
・全部やろうとはしない

・2割さぼる意識をもつ
・失敗イメージを和らげる→強制的に成功イメージをする
・体の緊張をまず和らげる。→1分、目をつぶって、目の周りの筋肉、肩、腰、全身の筋肉を緊張を和らげるイメージを頭の中でする。身体の緊張は心の緊張とつながってます。
まずは身体の緊張をといてください。そして、目をとじて1分間頭の中で
「緊張をほぐせ、しかめっ面はやめろ、リラックス、リラックス」と静かに何回も言い続けす。
そうすると、身体がリラックスして心も冷静になり、問題解決に向けて冷静に取り組めます。
慌てやすい人、パニックになりやすい人は緊急の時のこつを
事前にまとめておきましょう。

介護職 夜勤のコツ⑩

メリットを意識する
介護職の夜勤をされている方は、日勤帯とは違うメリットがあることを
意識をしたほうがやる気がでます♪
・給与が高い
・通勤・帰宅ラッシュを避けられる
・夜は人が少ないため気楽に働ける施設がある
・平日の昼間の時間を使える
・夜は駐車場代が安い(車通勤の方で駐車場を使っている方)
・夜勤は出勤日数が少なく、ダブルワーク、トリプルワークができる
・他の施設で良い施設があればWワークで体験した後に転職可能
・夜勤の同僚とは長い時間少人数で一緒にいる為仲良くなる確率が高い
・夜勤は同僚と話す時間がある施設が多く、いろいろな情報が豊富に入ってくる
・平日のお店のセール、セミナーに出席できる。平日のセミナーで勉強できるのは貴重です
・平日の病院、役所にもいける
・体調管理ができれば資格の勉強などもしやすい
・60代、70代まで夜勤が出来るようになっていれば、少ない日数で長く働ける。どこの施設でも重宝されます。
・長年夜勤をやっていると、体調管理の仕方、疲れないやり方、施設の見極めができるようになります。
少しメリットを上げただけでもこれだけあげます。
デメリットばかり考えず、メリットを考えていればやる気もアップしますよ!

介護職 夜勤のコツ⑨

今後、解決していきたい介護職夜勤の方の悩みを記載いたします。

・ロング夜勤は体調が悪くなりすぎて、明け休み+1日休みをもらわないと体力がもたない。
・足、腰が痛い。夜勤をするととても痛くなってしまう。
・休憩がとれない。
・一人夜勤は救急の場合が不安。
・一人夜勤の場合は、介護をしている際に他の人がコールを鳴らしたりヘルプを呼んだ場合が対応できないので不安。

・二人夜勤の場合、もう1名が全然仕事をしない時が本当にきつい。
・利用者様が何回もコールを鳴らす方をどうしてよいかわからない。
・利用者様に冷たくしている介護職の方が楽をしている。そのような介護をするつもりはない。しかし、利用者様と接しすぎると、忙しすぎて仕事が終わらない。どうしてよいかわからない。
・夜勤と日勤がシフトに交互に入っていると、リズムが狂って眠れなくなる。
・夜勤の後、残業を強制される。
・夜勤中、とにかく眠い。
・集中力が続かない
・機嫌が悪くなる、感情の起伏が激しくなる。
・昔正社員だった時、夜勤の穴埋めで3連勤夜勤をしたり、朝9時に勤務終了予定が、休んだ方の穴埋めで昼の2時まで仕事をして倒れそうになった。メリットがあまり無い為、今後正社員はしないと決めている。
・夜勤で体調が崩れるので、機嫌が悪くなり、昼間に会う家族と喧嘩してしまう。家族とどう接したらよいかわからない。
・アルコール中毒、お菓子中毒、ゲーム中毒になってしまった。
・上司や先輩と夜勤に入ると、ずっと怒られて精神的にもたない。
などです。

このような悩みの共有、解決が出来ればと思っております。

介護職 夜勤のコツ⑧

やる気がでない時

仕事でやる気がでない日がありますよね。
特に、夜勤でやる気がでない時は、長い長い時間が苦痛になってしまいます。

そんな時の緊急対策

・しなければならないことを全部書き出す。それに優先順位をつけて
何も考えず、黙々とそれをこなす。

・次の休みの予定を頭の中で無理に作る。例えば、007のレイトショーを見に行く、宅配で美味しいデザートを取り寄せる、お肉を大量に買って家で食べるなど、
自分が楽しみにできる予定を頭の中で作る。

・勤務前、勤務中どちらかに15分でも休憩がとれる時間があれば、タイマーをかけて仮眠をとる。脳と身体が疲れ切っている為、やる気がでない場合が多い。

・全身のストレッチをする。血流が悪いと、身体が動こうとしません。ラジオ体操、首を回したり。背伸びをしたりするだけでも、一瞬で効果があります。背中を伸ばして意識して背筋を伸ばすと、気持ちも変わります。心と体はつながってます。心と体は別々と思っているから、寝るしか選択肢がなくなるんです。
人間の心と身体はつながっていて、身体の血流を良くしたり、身体がリラックスすると心もすぐにつながります。だまされたと思って試してみてください。

・ノートに不満や愚痴、悩みなどをかきなぐってもすっきりする効果あり。スマートフォンにかきなぐってもいいです。

・身体の疲れ、脳の疲れがある時は目が疲れている場合も多いです。目の疲れをとるには、タオルに熱湯をかけて、目の上に置いて少し休む。時間がない時は、目をとじて5分程度仮眠をとるだけでも、目が休まります。目の疲れはなかなか自覚できないですが、脳の疲れは目の疲れの場合が多いことを覚えておきましょう。スマートフォンばかり見ていては目が疲れてよけいにやる気がなくなります。

・シャワーをあびると目もさめるし、血流もよくなるしおすすめです。
・ポイントは、一人でやる気を回復させることができる何かを多数もっておくこと。
そして、その状況や場面によって、使い分けること。
他人をまきこむのはリスクがある為、極力自分一人で出来る何かをたくさん作ることが大事です。

本日もありがとうございました。

介護職 夜勤のコツ⑦

夜勤ができるようになるとこんなメリットがあります

・仕事を選ぶ幅が増える
・仕事で採用される確率が上がる
・主婦の方は昼に家のことができる
・子育て中のご家庭は、男性も育児に参加できる
・お給料が増える(深夜割増、残業割増、深夜残業割増、深夜手当など)
・施設によっては夜勤のほうが仕事が楽な施設もある
・同僚ともゆっくり話せますので人間関係が構築できる
・施設長は夜勤をされない方が多く、夜はメンバー次第で楽しく仕事ができる
・夜勤明けの次の日も休みの施設が多く、体調さえ整えば土日休みの友達とも会える
・平日に銀行、郵便局などにいける
・副業をしている方は昼に副業して夜勤で働いている方が多い
・経験者であれば週1回夜勤でも採用してくれる施設がある為、旦那が子供を見てくれる主婦は働きにいける
・ダブルワーク、トリプルワークをしている方が多く、お金が溜まった後は働きやすい施設だけで働く方が多い
・介護職は80代まで夜勤で働いている方がいます。1夜勤27000円の施設などもあり、年齢が上がっても、長く高収入で働ける
・施設の場合、屋根がある場所で、気温も安定して、女性も危険が少なく長く働けます

特に、収入が増えること、仕事の選択肢が増えること、採用される確率が増えること、80代まで高収入で働けることは大きいですね。
今後、年金をもらえるかわからない世の中ですからね。

夜勤の救急対応であったり、1名夜勤を経験するのは最初は大変ですが、数回経験をした後は慣れてきますし、流れは一緒ですので怖く感じることも減ります。
逆に、早めに経験をしていたほうが良いです。

すみません、当たり前のことだとは思ったのですが、書かせて頂きました。
本日もありがとうございました。

何故「夜勤のコツ」ブログを始めたか?

・自分自身が夜勤が嫌でしかたなかった。
・ぎっくり腰で3回倒れた。
・夜勤が嫌で仕事を辞めていく人を多く見てきた。
・世の中にはトリプルワークで頑張っているシングルマザーがたくさんいる。頑張っているが身体がついていかず、苦しんでいる方たちがいる。その方たちの力になりたい。

・「きついので2度と夜勤はしません」という方がとても多い。そんな方達にもう1回夜勤の選択肢をもって頂けるような知識が増えるコミュニティを作りたい。
・介護職の夜勤だけではなく、在宅介護、医療従事者、警備会社の方など、寝ずに頑張っている方は多い。今後、超高齢化社会に向けて高齢者が夜勤をすることも多くなっていく。そんな方たちの力になれれば。
・夜勤ができれば仕事の選択肢が大幅に増える。「健康で快適な夜勤ライフ」ができる知識がつくコミュニティを作ること。これが最終目標。

・夜勤は小さいことの積み重ねで、大きな疲労の軽減につながります。逆に、小さなことを大事にしない方は、身体の前に心が壊れてしまいます。個人個人が工夫をしていることがあり、それを楽しく、短時間で、毎日知識を更新しながら学ぶコミュニティを作りたい。
・夜勤は孤独感も大きいですね。そんな時、みんなきつい想いをしているとわかるコミュニティがあったらいいなと。そして、悩んでいることに対して返事をしてくれるコミュニティがあったら、どれだけの人が助かるか、想像に難くないです。

・人の命を預かっている医療従事者の方は特にきついです。楽しく夜勤の智恵をつけて、きついことにも立ち向かっていけるようになれれば、自分のこと、患者様、利用者様のこと、そして、自分が大切にしていることも守れるようになるのではと思います。

介護職 夜勤のコツ⑥

睡眠、仮眠をされる時は、3時間以上前に食事をとりましょう。

味の濃いものや高カロリーなものは避け、消化に良いものを選択します。
どうしてもストレスがあり、高カロリーで美味しい食べ物を食べたい時は、仮眠時間から逆算して3時間前には食べ終わることができれば理想です。
そうすると、睡眠の質が上がりますし、痩せる効果も高いです。
スケジュール的に3時間前が無理でも、できるだけ寝る時間より前の時間に食事やお酒はすませてください。
そして、食べる量を少なくし、起きてからその分がっつり食べてください(笑)。

最初は嫌ですが、効果がでたら自然にそうすることができるようになります。効果は、毎日の疲労が軽減され、痩せます。寝る直前に食べ過ぎると、胃が活発に動いて睡眠が浅くなってしまうんです。

また、寝つけないからといって無理に眠ろうとすると、かえってストレスが発生する場合がありますので、うまく寝つけない方は、横になるだけでも体を休められます。
また、スマートフォンの明かりは睡眠の質を下げますので、寝る直前にどうしても何かしたい場合はAmazonのAudibleがおすすめです。
眠れないほど悩みがある時も、好きな小説を聞いていると忘れることができるし、眠れる確率が高くなります。
少し値段が高いですが(1500円程度)、一度買ったらずっと聞くことができますので、おすすめです。私は眠れない時はAudebleをつけて30分タイマーで寝てます。
西加奈子さんの 「サラバ」はおすすめです(笑)

短時間睡眠で活躍している方は、睡眠の効果を上げて短時間で疲れがとれるようにしています。
70歳まで働かないといけない時代になりました。
長く生き残るには睡眠の効果を上げないといけないですね。

 

介護職 夜勤のコツ⑤

腰を大事にする

腰を痛めている方が多いですね。
私も3回ぎっくり腰になったので、
腰を痛めない方法はかなり研究しました。

腰を痛めない方法は
・かがむ時は、腰を曲げず膝を曲げてかがむ。
・重いものを持つ時、身体を真っ直ぐむける。変な方向に腰を曲げない。
出来るだけ重いものに真っ直ぐ向き合って持つ。
・重いものを持つ時は綺麗な施設で持つ。変な腰の曲げ方をしない。
・日頃から腰を伸ばしたり回したりするストレッチを頻繁にしておく。
・血流を良くする食べ物を食べる。逆に、血流を悪くする食べ物は減らす。
・腰は充電できる電池と一緒で消耗品ということを認識しておく。
・あまり運動をしていない時期の後は特に注意する。事前に運動やストレッチをして身体を慣らしておく。
・睡眠をきちんととる。睡眠時間の確保をし、逆算して毎日をすごす。
・腰パッドは腰の負担も軽減し、疲労も軽減しますが、外せなくなってしまうので注意が必要です。(私も今は仕事中は外せません)
・腰パッドの種類はいろいろあり、医療用の腰パッドは5000円程度しますが、疲労を軽減する度合いが高いです。
・腰は身体の中心です。一生腰とは向き合っていかないといけない為、日ごろから他の人が腰をどのようにメンテナンスしているか情報収集しておく。

以上です。

小さなことから対策をしていくしかないです♪
腰のことをバカにしていたら一生苦労しますよ♪

介護職 夜勤のコツ④

1回目のブログで靴を変えると疲労が軽減されると書きましたが、実は、靴下、ティーシャツ、ズボン、眼鏡、椅子のクッションなども効果があります。

靴下は出来れば涼しい靴下が理想で、ユニクロのドライ機能がある靴下がおすすめですね。
靴下が涼しいと身体全体の暑さが軽減されます。
夏は暑いので薄い靴下しか厳しいですが、ユニクロ冬用の靴下はドライ機能がついていて涼しく、なおかつ厚手の靴下ですので疲労も軽減されておすすめです。

ティーシャツもエアリズムや涼しいティーシャツをつけると、動き回っている時に熱がこもるのを軽減させてくれます。

ズボンも、伸縮性があるズボンのほうが、膝に負担がかからず疲労が軽減されます。ズボンを変えるのも効果大です。

椅子のクッションもおすすめ。いつも座る椅子に最近流行っている卵が割れないクッションを敷くだけで、腰や首の疲労が軽減されます。これも予想以上に違うのでおすすめです。
安い店は1000円前後で売ってます。

メガネも、ブルーライトをカットしてくれる眼鏡か、パソコンやスマートフォンにブルーライトをカットするフィルムを貼ると、目の疲れが軽減されます。脳の疲れは目の疲れからきます。

ひとつひとつは小さい部分だと思いますが、夜勤は長い方は16時間も動き回らないといけない為、影響は少なくないです。

夜勤は体力勝負です。身に着けている物から少しずつ変えていくと、楽しく疲労を軽減していくことができます。
比較しながら楽しみながらやっていきましょう。

本日もありがとうございました